医学の道を選ぶなら医学部予備校へ|受験に打ち勝つ

学生

多様化しつつある

最近中学受験の傾向が少し変わってきています。中学受験は、全て塾任せでは合格を勝ち取ることができません。家庭での学習も要となり、その部分をこれまでは親がカバーしてきました。しかし、働く親が増え、家庭学習を家庭教師でカバーするスタイルが最近は定着しつつあります。塾と家庭教師がセットになるので、教育費は高くなりますが、その分効果も上がり、忙しい家庭を中心に需要が高まっています。また、塾と言っても個別に指導する家庭教師方式を取った教室も多くあり、個人のレベルに合わせて学習を進められる塾も増加の傾向にあります。中学受験も最近は、多様化しており、通信講座と家庭教師をセットで利用し塾には通わないスタイルも見られるようになりました。近年、通信講座も学校別に様々なコースが用意され、特に首都圏を中心に人気の高い中高一貫校は、通信講座の人気コースとして君臨しています。中学受験は、多くの人が4年生から準備をはじめます。しかし、あくまでも4年はプレタイムであり、この期間を割りきって家庭教師を使ってしっかり基礎を固める人も少なくありません。また苦手な科目だけを見てもらったり、長期の休みを利用して家庭教師を利用する人も増えています。

Copyright© 2016 医学の道を選ぶなら医学部予備校へ|受験に打ち勝つ All Rights Reserved.